☆編み物の楽しみ方☆ ami;bari PURE

<編み針専門店>

編物の作品をご紹介しております。
ぜひ、チャレンジしてみて下さい。
そのほか、新商品のご案内等もお知らせを致します。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 目の作り方 | main | テスト(カラー指定) >>

アームウォーマー

0

    +++++ アームウォーマー +++++


     


    使用した糸 : 綿90% 絹10% (UV加工の糸)

    使用した針 : 輪針40cm 3号を2本使います。


    手袋やアームウォーマー、レッグウォーマー等、目数の少ない輪の物を

    編む時は、輪針2本で編むと編みやすいです。


    手順の中に出てくる「一目ゴム編み」・「伏せ止め」は

    カテゴリの「基本の編み方(棒針)」のページを参考にして下さい。







    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




     〇紊鰺儖佞靴凸椶鮑遒蠅泙后



    ◆[悗鮑遒蠅泙后



     輪の中に糸をくぐらせます。



    ぁ,ぐらせてできた輪の中に棒針を通します。



    ァ〇紊魄っ張って引き締めます。これで一つ目ができました。



    Α/道悗反雄垢兄悗忙紊鬚けて、最初に親指の下にある糸に針をかけす。



    Аー,某雄垢兄悗了紊某砲鬚けます。



    ─ー,某道悗砲かっている2本の糸の間を通ります。



     針を手前に引き上げて、糸を引き締めます。



     Α銑を作る目の数だけ繰り返します。



     60の目ができましたら、もう一つの輪針に半分の30の目数を拾います。

    2本の輪針に30ずつの目ができましたら、それぞれを

    もう一方側の棒針へスライドさせて移動します。





     Aの針の一番針先の目をBの針へ移動します。



    上の写真は移動したところです。




     次にBの針の針先から2番目の目を今度はAの針に移動します。



    上の写真は移動したところです。

    2本のそれぞれの一番針先の目を入れかえた状態になります。




     Bの針を上にスライドさせて、糸を輪針のひものところに一旦休めます。

    棒針に残っている目から「一目ゴム編み」を編み始めます。




     片方の目が編めましたら、もう片方の目も同様に「一目ゴム編み」をします。

    これをAの棒とBの棒で交互に編んでいきます。



    ※ 最初の数段は、裏表がひっくり返ることがありますので、

    Aの輪針とBの輪針入れのかわる時は、玉側の糸が、

    いつも右の向こう側にあることを、意識している方が編みやすいです。





    輪になって編んでいけますので、長さなどは手を入れて

    確認しながら、お好みで調節できます。





    親指の部分からメリヤス編みに変わります。


    親指の穴を開けるために、


    輪に編まず、往復で表編みの段と裏編みの段を交互に編みます。



    親指部分は約4cm程です。






    親指の穴の部分が終わりましたら、

    またメリヤス編みの「表編み」で編みます。



    最後の段の目の止め方は「伏せ止め」でとじます。

    伏せ止め」の編み方は、「基本の編み方(棒針)」の

    伏せ止め」のページを参考にしてください。




















    +++ アームウォーマーの編み方図 +++

    編み物の楽しみ方 | permalink | - | - |
    SELECTED ENTRIES
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE